唇スクラブ、ぷるんぷるんのつるんつるんに。

唇スクラブがはやっているようですが、
手作りもできるということで作ってみました。

グラニュー糖とアーモンドスイートオイル(なければオリーブオイル)、
あれば、少しのハチミツとお好みの香り(精油など)をまぜるだけ。

唇スクラブ(グラニュー糖とアーモンドスイートオイル)

思ったよりいっぱいできたので、タッパーで保存。

塩より砂糖の方が、唇を痛めにくいので良いそうな。

 

IMG_0151

 

 

コワーキングスペースは儲かるのか?なんでやってるの?

コワーキングスペースは儲かるのか?

2011年11月11日 コワーキングスペース運営をメイン事業とする
株式会社 EC studio スペースを設立し、代表取締役になりました。

2012年1月14日 プレオープン

約3ヶ月で、売上が人件費を除いた経費を上回り、
オープン後7ヶ月で償却前の営業利益が黒字になりました。

弊社の顧問である中央会計さんに聞いたところ、
「儲かる」の定義は「事業が存続できる利益を出すこと」だそうです。

この基準では、ほんのちょっと「儲かっている」と言える状態です。
(経費をいっぱい使ったら赤字になるという程度のものですが。)

では、これからどうするのか?

もっと利益を出す方法はあるし、
属人的ではない運営やチェーン展開も可能だと思っています。

いままでの運営をビジネスモデルにし、
利益を拡大することもできます。

でも、わたしはそれにワクワクできません。

泥臭くて、効率の悪い、いまのやり方が気に入っています。

それには、オオサカンスペースを作った思いが関係しているのだと思います。

なんでオオサカンスペースを作ったのか?

「オオサカンスペース」の価値はわたしだ、
と言われることがありますが、それは間違いです。

わたしは単なる起点であり、周りにいる人々に価値があるのです。

「求めている人」と「求められている人」をつなぐことが大好きです。
小さい頃からいままで何をしていても「つなぐ」ことに関係しています。

過去にイベントを通じて知り合った人々、
コミュニティを運営して知り合った人々、
ずっと前から私の周りに、いまのコミュニティは存在していました。

友人や知人だけではなく、
その先にコミュニティがあったのです。

「オオサカンスペース」は、この見えていなかった、
直接知らなかったコミュニティが、
現実の場に顕在化したものなのです。

「なんでオオサカンスペースを作ったんですか?」
という答えがこの記事を書いていてようやく見えてきました。

わたしは「オオサカンスペース」が欲しかったんです。

そこに行けば誰かがいて、楽しくて、
利害関係関係なく、熱く語れる環境があって、
「これおもしろいとおもえへん?」って言える仲間がいて、
「もっと儲けなあかんなぁ」って笑いながら人生を送りたかった。

困ったときに助け合い、うれしいときに一緒に喜び、
悲しいときには一緒に泣いて(?)。


メンバーさん(特にサポートメンバーさん)の方々はもちろん、
チャットワーク社、IT飲み会関係者、大雅ビルのみなさま、
Shoot from Osaka(n)、Startup Weekend、広報ウーマン、
そして、友達、家族、みんな、ありがとう。

わたしは「オオサカンスペース」が欲しかったんです。

こんな人生を送りたかった。

「オオサカンスペース」の目標はとにかく「存在し続けること」、
ただ、ただ、それだけです。

 


あとがき

このブログは、コワーキングアドベントカレンダーをきかっけに書きました。

読んでいただいた方の中で、運営者の気持ちより、
利用者の声を知りたかった方もいらっしゃるかもしれません。

いくら「私がほしかったから作った」と言っても利用者の声ではありません。

今年オオサカンスペースを利用している、
メンバーさん21名の方ににインタビューを行いました。

また、簡単ではありますがメンバー登録している方のなかから、
掲載許可をいただいた88名の方を紹介しているページもあります。

なんでコワーキングスペースやってるんですか?
どんな人がオオサカンスペースを利用していますか?

いつも絶対に聞かれる2大質問の答えになったらいいなと思います。

2013年、わたしは多くのコワーキングスペースが生まれては消えていった印象があります。
2014年、2015年、コワーキングが珍しくもない当たり前の時代になったらいいなと思います。

メリークリスマス!
幸せなクリスマスをお過ごしください。

メリークリスマス!

 

「オオサカンスペース」へのお越しをお待ちしております。

Startup Weekend Osakaの「オカン」

Startup Weekend Osakaの「オカン」

「オカン」としては、みんな優勝させたい。

たった、54時間で、
どれが1番かなんてだれにも決められない。

はじまってから54時間後の順位はこうだったけど、
1年後、10年後だったら絶対に順番はかわる。

「オカン」としては、あんたがいちばんやで。

Startup Weekend Osaka

お名前.comだとダイナミックDNSが無料で使えたよ

無料のダイナミックDNSは、毎月クリックが必要だったり、
最近特に使いづらい。(無料だから当たり前)

Buffalo(バッファロー)のダイナミックDNSは、
年額3,780円ちょっとわたしにはお高い。

ValueDomainに、ダイナミックDNS機能があるから、
ひとつドメインをとって移行しようかと考えていたところ、
お名前.comならサブドメインでもダイナミックDNSが利用できる。
(ValueDomainは、サブドメインでは使えないのでドメインが必要)

しかも専用クライアントでDiceよりわかりやすい。

マニュアルは非常にわかりづらかったのでメモ。

ネームサーバーの設定
プライマリネームサーバー: 01.dnsv.jp
セカンダリネームサーバー: 02.dnsv.jp

使う予定のサブドメインのAレコードを適当に設定

専用クライアントをダウンロード
(Windows専用。たぶん他のツールでも設定さえ間違ってなければ大丈夫だと思います)

専用クライアントからタスクを作って必要な設定を行う(参照

いますぐ実行して成功すればOK

最初、使う予定のサブドメインを管理画面から作ってなかったのでずっとエラーがでて悩みました。

こんなとき、どうやって検索エンジン最適化(SEO)したらいいかな?

コワーキングスペースを運営していて、
イベントページの検索エンジン最適化(SEO)について、
ちょっと悩んでいるのでアドバイスください。

オオサカンスペースでは、
WordPressを使ってホームページを管理しています。

イベント情報は、記事を投稿する際に開催日を付与すると、
http://www.osakan-space.com/events ページで、
開催日順に並び、開催日が過ぎると過去のイベントとして
別の欄に表示される設定になっています。

通常はこれで全く問題がないのですが、
「こういうイベントやったらいいんじゃないか?」
と軽いノリで始まったイベントが、
第2回、第3回と定例イベントになり、
息長く続くことがあります。

「カメラ講座」「Shoot from Osaka(n)」
「ソーシャル写真撮影会」などがその代表例です。

大変喜ばしいことなのですが、例えば「Shoot from Osakan」と検索すると、
上から「第1回」「第4回」と古い開催情報が上位に表示されてしまいます。

Shoot from osakan Google検索結果

各回の開催ページ

第1回目 http://www.osakan-space.com/events/963
第2回目 http://www.osakan-space.com/events/1565
第3回目 http://www.osakan-space.com/events/2271
第4回目 http://www.osakan-space.com/events/2807
第5回目 http://www.osakan-space.com/events/3719

 

過去の開催の方が内容が充実していたり、
被リンクがあったりと当然の結果ではありますが、
イベントを新聞や紙媒体で知って検索した方には、
ちょっと不親切な検索結果ということになります。

過去の掲載ページをすべて302リダイレクトで、
最新のイベントページへとも考えましたが、
過去にイベントをブログ紹介いただいた方は、
参加した時のことを書いていただいたのであって、
それはだめだろうと考えました。

また、主催者・出演者・参加者にとって、
アーカイブは重要ですのでこちらの面からも避けたい対応です。

第6回目からは、固定ページを作成してみました

第6回目 http://www.osakan-space.com/events/3918
→ http://www.osakan-space.com/shootfromosakan (固定ページ)へ302リダイレクト

最も新しいイベント(今回では第6回)の情報は常に、
固定ページに掲載し、次の回が始まるときに開催内容を
events/3918」にアーカイブとして残し、第7回の内容を
shootfromosakan」に掲載しようと考えたのです。

でも、ちょっと迷いがあります。

他のページにとりあげていただいているのに、
パーマリンクではない?
例えば、この記事は第6回について書いていただいていますが、
この記事から訪れてくれる方に次回開催以降は、
第6回の情報にアクセスできなくなります。

なんかだめな気がします。

「Shoot from Osaka(n)」で別サイトを作るというのがベストだとは思いますが、
定例開催になったイベントは多数あって、次回はやるかもしれないけど、
次々回はわからないなど、なかなか全部対応するのは難しい。

ここまで書いてくると検索エンジン最適化の問題でもあり、
不定期イベントと定期イベントの混在が問題のようでもあり、
ちょっとややこしくなってきましたが、みなさんならどう対処されますか?

 

よかったら教えてくださいね。

Google Analytics 複数のサブドメインを1つのサイトとして解析する場合

Google Analytics 複数のサブドメインを1つのサイトとして解析するために設定してみました。

オオサカンスペースでは、2つのサブドメインを利用しています。

www.osakan-space.com (CPIサーバー WordPress)
www2.osakan-space.com (さくらVPS)

この度、広告を出すことになり、
ふたつのサブドメインをまたいだ解析が必要になりました。

手順のメモ:

トラッキングコード発行時に、
サブドメインのトラッキングを「オン」にする。
(プロパティ – トラッキング情報)

_gaqの「_setDomainName」 に、
「osakan-space.com」がセットされる。

<script type=”text/javascript”>// <![CDATA[
var _gaq = _gaq || [];
_gaq.push([‘_setAccount’, ‘UA-27931011-1’]);
 _gaq.push([‘_setDomainName’, ‘osakan-space.com’]);
_gaq.push([‘_trackPageview’]);

(function() {
var ga = document.createElement(‘script’); ga.type = ‘text/javascript’; ga.async = true;
ga.src = (‘https:’ == document.location.protocol ? ‘https://ssl’ : ‘http://www’) + ‘.google-analytics.com/ga.js’;
var s = document.getElementsByTagName(‘script’)[0]; s.parentNode.insertBefore(ga, s);
})();
// ]]></script>

 

たぶんこれでOK。
*wwwとwww2には、同じ名前のURLがない前提。

Googleスプレットシート(UTF-8)で作ったファイルをShift JISにすると「全角ハイフン(−)」が「?」になる

Googleスプレットシート(UTF-8)や各種DBからダウンロードしたファイルの文字コードを、
Shift-JISに変更しようとすると「全角ハイフン(−)」が文字化け(?)する問題。

全角ハイフン「−」やら「〜」には見た目はおんなじだけどたくさん種類があって、
エンコードを変更しようとするとなにやらこんな現象が起こるらしい。

いつもの対処は、全角ハイフンを違う文字「★」に置換して、
エンコーディング変更して、「★」を再度「−」に変更してたけど、
そこで、CotEditorのエンコードディング設定を、
「日本語(Shift JIS)」から「Shift JIS X0213」に変えたら化けなくなりました!

解決!

情報提供: @msng ありがとう。

ScanSnapで、裏が白紙の名刺も裏に情報がある名刺も1名刺1つのPDFファイルにまとめて連続でスキャンする方法

名刺がいっぱいあって、裏が白紙だったり、情報が書いていたり…

jpgでスキャンすると表裏がバラバラのファイルになっちゃいます。

かといって、スキャンした名刺が全部ひとつのPDFファイルなんて、
困っちゃいます。

そこで、裏表セットで1つのPDFファイルに保存されるよう設定をいじってみました。

スキャンしたデータを、Evernoteに入れるのか、Googleドライブか、DropBoxか…そこがまた難しい。

使用したのは、ScanSnap S1500です。

 

・「白紙ページを削除」のチェックは外す

読み取りモードオプション_と_ScanSnap_Manager_-_設定
「設定ページごとにPDFファイルを作ります」欄に「2」を入力。

PDFフォーマットオプション_と_ScanSnap_Manager_-_設定

 

これで、裏表セットで1つのPDFファイルに分割されます。

 

ファイル形式ではPDFを選び、「検索可能なPDFにします」にチェックを入れ「全ページ」を選択

ScanSnap_Manager_-_設定

Google Custom Search APIを、Google Apps Scriptから使ってみた

Google Custom Search APIを使う手順

API Keyを取得(*1)

Cloud Consoleに行く
プロジェクトを選ぶか作る
サイドバーの「APIs & auth」を選んで「Custom Search API」のStatusを「ON」にする
サイドバーの「Registered apps」を選んで、メイン画面に現れる「REGISTER APP」をクリック、名前をつけて、プラットフォーム(今回はWeb Application)を選ぶ。(電話かSMSで認証をする)
API Keyを取得(今回は、Server Key)

検索エンジンID(cx)を取得(*2)

Custom Searchのコントロールパネルに行く
既存の検索エンジンを選択し(ない場合は新しい検索エンジンを作成)、基本タブの検索エンジンIDを取得(cx)

Google Apps Scriptで取得する

参考にしたページ

function urlfetch(){

var url = ‘https://www.googleapis.com/customsearch/v1?key=【*1 API Key(Server Key)の値】&cx=【*2 検索エンジンID(cx)の値】&q=【検索ワード】’;
var response = UrlFetchApp.fetch(url);
var json = response.getContentText();
var data = JSON.parse(json);
Logger.log(response);//ログに取得したデータを表示
//ひとつめのタイトルの場合こんな感じ→ Logger.log(data.items[0].title);
}